抗癌剤の副作用が起きやすい患者を予測する診断薬が、まもなく保険診療で利用できるようになる。より安全な治療が行えるメリットがあるが、すべての副作用が予測できるわけではないなど弱点も抱える。

遺伝子検査で副作用を予測の画像

ログインして全文を読む