先日、東京都中央区にある銀座眼科でレーシック手術を受けた患者の多くが、術後に感染性角膜炎を発症したとのニュースが報じられた。患者の中には、入院したり、角膜移植が必要な可能性もある患者も含まれていたという。そもそも感染性角膜炎とはどのような疾患なのか。専門家である近畿大眼科教授の下村嘉一氏に聞いた。

レーシック後の角膜炎、その正体は?の画像

ログインして全文を読む