「第19回予防接種に関する検討会」(座長:国立成育医療センター総長の加藤達夫氏)が細胞培養日本脳炎ワクチン「ジェービックV」について2月26日に検討。供給量の問題から、今シーズンは定期接種として積極的勧奨を再開することが難しいとの結論に至った。来シーズン以降、第1期の定期接種は復活しそうだが、第2期の安全性の問題についての対応策はまだ出ていない。

ログインして全文を読む