医療訴訟で、担当医が医療機関と連名で訴えられるケースが増えている。通常は、勤務先の賠償責任保険でカバーされるが、経営難の病院が増える中、いざというとき守ってもらえない事例も出てきている。

変わる医賠責の加入事情の画像

ログインして全文を読む