癌患者と一般市民は望ましい死を向えるために最後まで病気と闘いたいと考える傾向が強いが、望ましい死を向えるために医師や看護師は残された時間や今後の経過を知って、死を迎える準備をしたいと考える傾向にある――。東大のグループが行った調査から、患者・一般市民と医療者との間には、このようなギャップがあることが明らかになった。

癌患者の8割が望ましい死のため「最後まで闘病」の画像

ログインして全文を読む