1986年の保険適用をきっかけに一躍広まった高気圧酸素治療。その後、不採算性などを理由に装置の使用頻度は減っていたが、近年、糖尿病による難治性潰瘍などの治療法として再び注目されている。

高気圧酸素治療に再び脚光の画像

ログインして全文を読む