骨髄採取キットの欠品問題で、バクスターは2009年1月28日、代替品となる米BioAccess社の骨髄採取キットの承認申請を行った。これにより、国内唯一の骨髄採取キットの欠品で、骨髄移植が実施できなくなるという最悪の事態は避けられそうだ。

ログインして全文を読む