手術の映像を数十〜数百人の聴衆に生中継する「ライブ手術」。2006年にライブ手術中の患者が合併症で死亡した一件を機に、ライブカテーテル治療を行う内科も含め、そのあり方が議論されている。

「ライブ手術」は必要かの画像

ログインして全文を読む