破裂するとクモ膜下出血を引き起こす脳動脈瘤。以前は開頭によるクリッピング術が治療の主流だったが、低侵襲なコイル塞栓術による治療が増えてきた。これからは、両者の適応の見極めが課題となる。

コイルで治す脳動脈瘤の画像

ログインして全文を読む