埼玉県では、医師不足から分娩を休止・制限する医療機関が相次ぎ、周産期医療が深刻な状況に陥っている。昨年10月に自治医大が産科・小児科を新設したが、医師を十分確保できず厳しい船出となっている。

周産期崩壊に直面する埼玉の画像

ログインして全文を読む