1950年ごろから使われている古い薬、酸化マグネシウムの添付文書が改訂された。長期投与の際、高マグネシウム血症の発現に注意を促す内容だ。歴史があり「安全」とされている薬にも落とし穴はある。

ログインして全文を読む