加齢黄斑変性は、網膜中心部の黄斑の老化で視機能が低下してくる疾患。患者は視野の中心が「ゆがむ」「薄暗い」などの自覚症状を訴えることが多い。日本人の有病率は50歳以上の1%前後と言われている。4年前に光線力学的療法が登場が登場したことで多くの患者の治療が可能になった。さらに最近、新しい治療薬も発売された。

加齢黄斑変性に新常識 の画像

ログインして全文を読む