人手に比較的ゆとりのある科の医師を近隣病院に週1、2日程度の頻度で派遣し、代わりに手薄な科の医師を派遣してもらう――。そんな取り組みが注目を集めている。医師不足への“現実的な”対応策として、今後広がっていくかもしれない。

ログインして全文を読む