今、夕張市民の意識に大きな変化が起きている。以前は救急医療の“コンビニ受診”が横行し、2004年の市全体の救急搬送件数は900件以上に上っていた。それが、利用抑制が図られ、07年には約500件に減ったのだ。さらに、外来受診や入院に頼り切りだったのが、健康管理に熱心に取り組む市民が増えたという。

地域医療の再生に挑む夕張の画像

ログインして全文を読む