米国と日本の感染症診療の違いは抗菌薬の使い方ばかりではない。医療面接や身体所見の確認をより系統立てて行ない、起因菌に応じた治療につなげること診断プロセスも大きな特徴だ。

ログインして全文を読む