米国流の抗菌薬処方の特徴は、重症例に対する大量投与とPK/PDの考え方に基づいた用法・用量の設定だ。専門家が経験した症例をみながら、その実力を検証する。

日本の用量では患者は救えないの画像

ログインして全文を読む