ここ数年、米国で感染症診療を学んだ医師の著書を読んだり、彼らが講師を務めるトレーニングセミナーを受講する若手医師が増えている。米国流感染症診療の特徴は、ロジカルな用法・用量の設定と総合診療的な診断のプロセスだ。

若手医師を魅了する米国流の画像

ログインして全文を読む