10月22日に開催された中央社会保険医療協議会の総会は、ある新任委員のデビューの場となった。小林剛氏。社会保険庁から政府管掌健康保険部門を切り離し、民間の組織として新たにスタートした全国健康保険協会のトップだ。小林氏自身も、大手都市銀行の役員などを務めた民間出身者である。

日本最大の保険者「協会けんぽ」が始動の画像

ログインして全文を読む