千葉県銚子市の市立総合病院が、9月末で休院に踏み切った。400床近い自治体病院が全面的に診療をとりやめるというニュースは、マスコミ各社で相次いで大きく報じられ、地元の銚子市はもちろん、全国的に大きな注目を集めている。休止を決断した岡野俊昭市長に、その理由や現在の心境を聞いた。 

銚子市立総合病院の休院を決意した理由の画像

ログインして全文を読む