この10月、福島県郡山市にオープンする南東北がん陽子線治療センターで、このほどマスコミ関係者向けの内覧会が開催された。開設するのは福島県内を中心に多くの医療・介護施設を運営する南東北病院グループ(渡辺一夫理事長)。陽子・重粒子を利用した粒子線の癌治療施設としては日本で6番目だが、民間病院が手かげる施設としては第1号だ。

民間病院初の陽子線治療施設が登場への画像

ログインして全文を読む