最近、医師に暴言を吐いたり、暴力をふるったりする患者、いわゆるモンスターペイシェントに悩まされる病院が増えている。そこで注目を集めているのが、トラブル対処のノウハウや法律の知識を持った警察OBの雇用だ。医師向けの院内トラブル対策に関する講演で好評を博している元神奈川県警秦野署長の谷山悌三氏に、最近の病院トラブルの状況や警察OBの活用法などを聞いた。

「警察OBの能力を病院内で活用してほしい」の画像

ログインして全文を読む