「感染性心内膜炎の診断は難しいことを改めて認識した症例だった」。こう話すのは、国立病院機構長野病院循環器科の関年雅氏。関氏が2年前、長野赤十字病院(長野市)で経験したのは、75歳の女性のケースだ。当初は感冒様症状や関節痛のため、近医で抗菌薬の治療を受けたが改善せず、膠原病も疑われステロイドも投与されていた。原因が分からないまま全身状態が不良となり、喘鳴・呼吸苦が出現。SpO2 88%(room air)、胸部単純写真で心拡大や両側胸水が認められ、自院の呼吸器科に入院した。

多彩な症状の陰に感染性心内膜炎の画像

ログインして全文を読む