大阪府立成人病センター消化器検診科主任部長(胆膵腫瘍内科)の中泉明彦氏は、慢性膵炎を診断した場合、常に膵癌発症の可能性も考慮して、定期的な画像検査を実施すべきだと考えている。

ログインして全文を読む