今春の処方せん様式の再変更で、外来患者のために信頼できる後発品を選ぶ責任は、医師よりも調剤薬局に課されることになった。処方せんの「変更不可」欄に署名をしない方針の開業医にとって、薬局がどのような考え方で後発品調剤に取り組んでいるのかは、気になるところだ。 そこで、日本保険薬局協会会長の三津原博氏(日本調剤社長)に、薬局の後発品調剤に対する姿勢や処方する医師に対する要望などを尋ねた。

「厚労省は『変更不可』の余地をなくしてほしい」の画像

ログインして全文を読む