各地で産科医不足が顕在化、深刻化している。国の取り組みもさることながら、産科医療の現場で、市民や医師が今できることは何なのか――。地域で安心してお産ができるよう、行政への働きかけや勉強会などを行っている市民グループ「安心なお産を願う会」(滋賀県彦根市)の冨江小夜香さんと、国立病院機構名古屋医療センター産婦人科の野村麻実さんに話し合ってもらった。

地域で安心してお産ができるようにするためにの画像

ログインして全文を読む