8月1日、福田康夫内閣総理大臣は内閣改造に踏み切った。注目の厚生労働大臣は、舛添要一氏が引き続き務めることになった。今回、舛添氏が留任になった意味は大きい。なぜならば、国民目線に立って厚生労働行政を総点検する「厚生労働行政あり方懇談会」(仮称)の発足を間近に控えているからだ。

ログインして全文を読む