「日本療養病床協会」の名称が「日本慢性期医療協会」に変更された。国の制度変更のたび改称を強いられてきた形の同協会だが、今回は「良質な慢性期医療を誠実に行っていく」という協会の目指す方向性を前面に打ち出した。厚労省は医療型療養病床を減らしていく方針だが、超高齢化社会でそのニーズは高まっており、「逆に増える可能性が高い」と武久氏は断言する。

「医療型療養病床は減るどころか、増える可能性が高い」の画像

ログインして全文を読む