新型インフルエンザ対策の切り札と目される細胞培養ワクチン。わが国で新型インフルエンザワクチンとして承認されている鶏卵ワクチンの製造期間6カ月に比べ、細胞培養ワクチンは約2カ月。製造期間短縮によって、半年以内に国民全員分のワクチンを供給することも夢ではなくなるかもしれない。

新型インフル対策で期待の新ワクチンの画像

ログインして全文を読む