「保険医登録を取り消して勤務医としての道も閉ざすことはあまりに酷である」。診療報酬の不正請求を理由に保険医登録の取り消し処分を受けた眼科医、細見雅美氏が起こした裁判で、神戸地裁は処分を違法とする判決を下した。裁判所が「あまりに酷」と断じた処分とは、いったいどのようなものだったのか――。

保険医登録取り消しに初の違法判決の画像

ログインして全文を読む