血糖値測定の際に使われる微量採血用穿刺器具には、(1)器具全体が使い捨て(2)針周辺部分が使い捨て(3)針は使い捨てだが先端キャップは使い捨てではない――の3種類がある。全国で相次ぎ発覚している複数患者への穿刺器具の使い回し問題は、本来は(1)や(2)の器具を使うべきところ、(3)の器具を使っていたというものだ。

ログインして全文を読む