5月29日。沖縄県宮古島市で新型インフルエンザ対策の大規模訓練が行われた。日本国内でヒト-ヒト感染が確認され、大きな集団発生が起こった段階であるフェーズ5Bを想定。発熱外来での対応や患者搬送および遺体搬送など、実践さながらの訓練が繰り広げられた。

フェーズ5Bを想定、発熱外来での対応や患者搬送を実施の画像

ログインして全文を読む