75歳以上の高齢者を対象に、今年4月から始まった後期高齢者医療制度。国民からの不満のみならず、各地の医師会や保険医協会も、「姥捨て山の制度」「高齢者は死ねという制度」などと、激しい反対運動を繰り広げ、「後期高齢者診療料」の算定を、拒否・自粛するよう呼びかける様子が連日報道された。しかし、このような動きと現場の医師との間には微妙な「温度差」があるようだ。実際、同制度を肯定的に捉える医師は意外に多い。

後期高齢者医療制度、反対派と現場医師との間に温度差の画像

ログインして全文を読む