2006年に発売された、NBI(狭帯域光観察)を用いた内視鏡が急速に普及している。それに伴い、これまで早期癌の概念すらなかった咽頭、喉頭などの頭頚部領域で微小表在癌が次々と見付かり、注目を集めている。

NBI内視鏡で頭頸部の早期癌がこんなに見付かるの画像

ログインして全文を読む