連載の最終回は、日本の学会の専門医制度をとりまとめる立場にある日本専門医制評価・認定機構の理事長である藤原研司氏に、日本の専門医制度の現状と行方について聞く。同機構は、参加学会全体の意見をまとめることに苦悩している。歩みが遅いという批判もある中で、各学会の専門医制度の質を保証する評価・認定基準の見直しを開始し、組織改革も行った。

学会のエゴは捨ててほしいの画像

ログインして全文を読む