インフルエンザ流行期の日常診療で欠かせない存在となった迅速診断キット。A群溶血性レンサ球菌(溶連菌)、アデノウイルスなども小児科などでの日常診療で広く使用されるようになってきた。そのほかにも原因微生物やウイルスを臨床現場で迅速に検出するキットが続々と登場してきている。

続々と登場する感染症迅速検査の画像

ログインして全文を読む