昨年秋に、東京社会保険事務局の個別指導を受けていた歯科開業医が自殺し、新聞でも報じられた。指導のきっかけとなったのは患者からの通報。地元の保険医協会幹部は、担当官の威圧的な言動で精神的に追い込まれた末の自殺だとみている。

「歯科医自殺事件」はなぜ起きたのかの画像

ログインして全文を読む