外科外来でよく遭遇する擦過傷や切創、熱傷。今、こういった傷への処置が変わってきた。創面を消毒せず乾かさないようにすることで、創傷治癒を促すという湿潤治療の考え方が広がってきたからだ。創やその周囲に汚染があれば、まず水で洗うが、ポピヨンヨードなどの消毒薬は使わない。

傷の処置、被覆材をどう使う?の画像

ログインして全文を読む