国立がんセンター中央病院の院長である土屋了介氏は、学会のあり方に一家言を持ち、しばしば歯に衣着せぬ発言をする。日本臨床腫瘍学会と日本癌治療学会が専門医制度を巡って対立したときは、仲裁に乗り出した。そんな土屋氏に、特集のプロローグとして、日米学会の違いやニッポンの学会の進むべき方向について聞いた。

今変わらなければ、若い医師に見向きもされなくなるの画像

ログインして全文を読む