夜間救急で軽症者から新たな費用を徴収したり、救急車を有料化するなどの方法は、その金額次第で受診者数の抑制に大きな効果を発揮することが期待できる。しかし、一方で現場で費用徴収などのトラブルが起きたり、本来は救急車による搬送が必要な患者までもが受診を控える可能性も残る。そのため、患者が緊急受診の必要性を判断できるような仕組みを、同時に導入することが求められる。

「受診抑制のみ」は正解にあらずの画像

ログインして全文を読む