NPO法人女性医療ネットワークの運営や女性外来ハンドブックの発行など、性差医療をテーマに幅広い活動を続けている横浜医療センター外科部長の土井卓子氏は、患者と医師のコミュニケーションのあり方にも心を砕いている。

患者が手元に置くカルテにしたい「乳腺手帳」の画像

ログインして全文を読む