不要不急の救急受診を減らすこと――。これが、受け入れ困難の解消に向けて重要な課題となっている。明らかに軽症なのに夜間に病院を受診したり、救急車を利用する住民に対し、どんな働きかけが効果的なのだろうか。今回は、緊急性を要さない患者から時間外特別費用として8400円を徴収することを決めた埼玉医大総合医療センターの取り組みを紹介する。

「不急の救急受診は8400円」、苦肉の策は受け入れられるかの画像

ログインして全文を読む