救急患者の受け入れ困難事例を減らすために、病院単位での取り組みが各地で行われている。そんな中、輪番病院同士で「救急車は必ず受け入れる」という取り決めを行い、救急医療混乱の収拾を図ろうとしているのが、福島市だ。「それができれば苦労はしない」と言われそうな方法だが、現場ではどうなっているのか。

「救急車断らない」宣言した福島市の内実の画像

ログインして全文を読む