救急医療が崩壊の危機に瀕している。昨年秋以降、救急患者の搬送先が見付からないという事態が、全国で顕在化し始めた。原因は、医師不足と、コンビニ感覚の受診による患者数の増加にあることは間違いない。しかし、その背景には、容易に解決できない根深い問題が潜んでいる。

救急医療はなぜ崩れゆくのかの画像

ログインして全文を読む