日経メディカル オンラインの調査の結果、ほぼ半数の医師が健康診断が不十分であることが明らかになった。激務の中で健康管理意識が薄くなり、自らの健康をあまり省みていないことがうかがえる。さらに問題なのは、健康に自信がない人ほど、健康診断を受けていない状況にあることだ。不健康な人ほど健康チェックの機会を放棄しているとは、いくら忙しいとはいえ、健康を軽視する“不養生”そのものだ。

医師の半数は健康診断が不十分の画像

ログインして全文を読む