2008年4月1日からメタボリックシンドロームに焦点を当てた「特定健診・特定保健指導」(メタボ健診)がスタートする。医療費2兆円削減をうたう新事業だが、その具体像は国民はもちろん医療関係者にも十分に伝わっていない。メタボ症候群そのものへの疑問、健診・指導の実効性に対する不信、人材不足などによる実施体制の不備など、不安・不満も積み残したままだ。医師として、メタボ健診にどう向き合えばいいのだろうか。

メタボ健診に意義はあるか?の画像

ログインして全文を読む