香川県立中央病院(高松市)で泌尿器科部長を務めていた朝日俊彦氏が、定年まで5 年残して開業したのは2007 年7月。勤務医で味わった失意を乗り越えての再スタートだった。

「地域の開業医とともに、在宅終末期医療を担いたい」の画像

ログインして全文を読む