自民党議員でつくる「医療紛争のあり方検討会」は昨年12月21日、医療事故調の素案である「診療行為に係る死因究明制度等について」(いわゆる自民党案)を発表した。その内容は厚労省の第二次試案とほぼ変わらず、同様の問題点が指摘されている。同検討会の座長として自民党案を取りまとめた大村秀章衆議院議員に、案の狙いを聞いた。

「医師法21条は死文化します」の画像

ログインして全文を読む