小学生時代から勤務医時代を通じて、ずっと東京・横浜で暮らしてきた石堂哲郎氏(65歳)は、病院の定年退職を機に地域の診療所勤務の道を選んだ。なぜ楽隠居でなく地域での仕事を選んだのか、慣れない土地での生活はどうなのか、話を聞いた。(編集部)

都会育ちのリタイア医師は地域で働けるかの画像

ログインして全文を読む