胃癌の領域で今話題となっているのが、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD:Endoscopic Submucosal Dissection)だ。この手技の登場により、低侵襲を最大の特徴とする鏡視下手術の適応拡大の動きが始まっている。

胃癌―新しい内視鏡手術が登場、低侵襲手術の適応広がるの画像

ログインして全文を読む