医師の4割が「食生活が健康でない」と自覚していることが明らかになった。日経メディカル オンラインの調査では、医師の8割が自分を“不養生”と感じていた。どんな点が不養生かを尋ねたところ、食習慣(41.1%)、飲酒が多い(24.7%)と、食生活に関する問題点を挙げる医師が多かった。

医師の乱れた食習慣の実態の画像

ログインして全文を読む